MENU

 

⇒ すぐに解決方法を知りたい

 

 

現在契約中のWiMAX2+を新しい引越し先で使用しようとしたら、「繋がらない・・・」。この悲劇的な絶対絶命のピンチをなんとかする方法を知りたい!

 

このサイトに訪れてくれたあなたは、まさにそのような状況かと思います。

 

まずは出来ることをやってみましょう。

 

現在繋がらないWiMAX2+が、繋がるようになる可能性は、まだあります。でも、どうしても駄目だったら...そんな場合の最適な最終手段もお伝えします。

 

 

WiMAX2+プロバイダの公式サイトには、あなたの住所でWiMAX2+が使用出来るかが判別できる、ピンポイントエリア判定というのがありますよね。

 

あなたの引っ越し先住所でのピンポイントエリア判定結果は何だったでしょうか?エリア判定結果によって対策を考えていきましょう。

 

「〇」判定、「〇〜△」判定、「△」判定だった場合
簡単な方法レベル1から、多少手間が掛かるレベル5まで、あなたが今すぐ出来る5つの対処法をご紹介します。

 

「×(圏外)」判定だった場合
わずかな希望に賭けて、レベル1〜5の対処法を試してみてもいいですが、WiMAX2+のエリア外であることを公式サイトで伝えているわけですから、結果的に繋がらない可能性は高いです。この場合は、WiMAX2+以外のモバイルルーターを検討する必要があります。WiMAX2+に代わる、繋がりやすいモバイルルーターは何かをお伝えします。

 

引越し先でどうしてもWiMAX2+が繋がらない時

まず、WiMAX2+が引越し先で、どうやっても繋がらない場合の結論から簡単にお伝えします。

 

WiMAX2+は、2.5GHzという直進性の強い電波を使用している都合上、障害物等に弱く、たとえエリア内であっても、周辺建物の事情、あなたの部屋の位置等によって、電波が届かない、届きづらいといったことが発生します。

 

従いまして、ピンポイントエリア判定の結果がで大丈夫だったとしても、引越し先でWiMAX2+が繋がらない、という悲しい事態は起こりえます。

 

その場合は、最終的にあなたの新居でのWiMAX2+の使用は諦めるしかありません。

 

代わりとなるWiMAX2+以外のモバイルルーターを探してください。

 

おすすめは、次世代ポケットWiFiネクストモバイルです。ネクストモバイルは、ソフトバンクの4G LTEモバイル回線を使ったモバイルルーターで、WiMAX2+よりも繋がりやすいということで評判です。

 

引越し先でWiMAX2+が繋がらない時に試せること【レベル1〜5】

レベル1 ルーター端末の再起動

一番簡単な方法で、しかもこれで問題解決した、というような事例もあるのが、ルーター端末の再起動。

 

固定回線でも、モデムやルーターの電源を入れ直したら繋がった、ということはよくあります。WiMAX2+などのモバイルWi-Fiにおいても、問題があったらまずはルーターの再起動をしてみてください。

 

ルータ再起動でも繋がらなかった際は、ルーターと接続する機器(スマホやタブレット等)も再起動してみてください。これで上手くいくケースもあります。

 

レベル2 ルーター端末の設置場所変更

電波が強くない場所では、ルーターの微妙な位置関係で、受信状態が変わることがあります。

 

ルーター端末を置く位置をいろいろと調整してみてください。

 

向きを変えるとか、置く場所の高さを変えてみるとか。室内では、窓際が一番つながりやすいことが多いようです。

 

WiMAX2+で使用している2.5GHzの電波は、障害物を通したり、上手に迂回することは出来ませんが、通常の窓ガラスであれば電波を通してくれます。

 

ただし、強化ガラスやUV加工された窓ガラスは、電波を通しづいこともあります。

 

レベル3 手作りアンテナ

わりと効果があると、ツイッターなどで話題になっているのが、自家製アンテナを作って、ルーター端末の受信感度を上げるという方法です。

 

手作りアンテナを使ったら、繋がるようになった、アンテナの本数が増えた、といった声がけっこう聞かれているようです。

 

ルーター端末の近くにステンレスボールを設置する。プラスチックボールをアルミ泊で覆う、といった自家製パラボナアンテナで解決する方法。

 

 

 

 

また、まな板にアルミ箔を張るという方法や、単にルータ端末の近くにアルミホイルを貼る、といったやり方で効果を感じている人もいます。

 

 

レベル4 クレードルを使ってみる(WX04なら)

もしあなたが使用しているルーター端末がWX04なら、クレードルを使用してみるという方法もあります。

 

WX04専用クレードルには、クレードル自身にダブルウイングアンテナが仕込まれていて、ルーター単独よりも受信感度が高くなっています。価格は4千円程度となります。

 

ルータがWX04以外、WX04専用クレードルを既に使用しているけど、繋がらないという人は、残念ながらこの方法は解決策とはなりません。

 

レベル5 ハイスピードプラスエリアモードで試す

ハイスピードプラスエリアモードは、月額1,005円でWiMAX2+のオプションとして付けられる契約です。WiMAX2+の3年契約の人は、無料でこのオプションが付いていることかと思います。

 

ハイスピードプラスエリアモードで使用する電波はau 4G LTEとなり、800MHz帯、1.5GHz帯、2.1GHz帯となります。

 

これらの電波は、WiMAX2+の使用電波2.5GHzよりも、建物の中や、地下、高層階等でも繋がりやすいと評判の電波です。

 

現在契約中のWiMAX2+で、このハイスピードプラスエリアモードに切り替えて使用することにより、新たな引越し先でも電波が繋がるようになる可能性があります。

 

ただし、ハイスピードプラスエリアモード使用時には、通信量の上限があります。ハイスピードプラスエリアモードでの1ヶ月の通信量が7GBを超えたら、その月は、通信速度が128kbpsと、驚異的に遅くなってしまいます。

 

この通信速度制限が発動したら、ハイスピードプラスエリアモードでない、通常のWiMAX2+通信時(ハイスピードモード)でも、通信速度が128kbpsに落ちてしまいます。

 

仮にハイスピードエリアモードで引越し先でも繋がるようになったとしても、実質1ヶ月7GBまでしかインターネットが使えないのであれば、もはやWiMAX2+ギガ放題プランを契約している意味さえなくなってしまいます。

 

レベル5のこの方法を試す価値がある人は、自宅でハイスピードプラスエリアモードで使用するのは僅かな通信量で、メインは外出先で使用する人となります。

 

 

レベル1〜5以外の方法もご紹介

 

その他1  設置型ルーターL01sを自宅用として試す

この方法は、@nifty WiMAXか、WiMAX2+をUQ WiMAXで直接契約している人のみが対象になります。

 

自宅設置型ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」は自宅に設置して使用するタイプのルータ端末になります。

 

持ち運びタイプのルーター端末と比べて、WiMAX2+電波がキャッチしやすいと評判です。

 

現在使用中のルーター端末で、電波に繋がらない場合、L01sを試してみる価値はあります。しかしながら、WiMAX2+の契約で使用できるルーターは、基本は一台のみです。

 

例外となるのが、@nifty WiMAXとUQ WiMAX直接契約です。

 

@nifty WiMAXではメインのルーター端末以外に最大2台(合計3台)までルーター使用がオプションで可能となっています。追加料金は1台につき月額200円で、手数料は無料です。

 

プロバイダを介さないUQ WiMAX直接契約者の場合も、メインのルーター端末以外に最大2台(合計3台)までルーター使用が可能です。追加料金は1台月額191円、手数料なしです。

 

ただし、どちらの場合も、複数台の同時使用はできません。ちなみに、2台同時に使用したい場合は、2回線契約する必要があります。

 

その他2 UQ宅内アンテナ

解決策のひとつではあるけれど、ほとんど意味がないと思ってしまうのがこの方法。

 

UQ宅内アンテナ(別名、UQフェムトセル)とは、WiMAX2+電波を自宅でキャッチするための小型基地局のこと。

 

UQ宅内アンテナを介せば、WiMAX2+端末ルータで容易に電波が受信できるようになるはずです。しかも、初期費用、工事費、月額利用料等は全て無料です。

 

しかしながら、このUQ宅内アンテナを設置できるのは、auひかり(auひかりちゅら含む)、J:COM NET、フレッツ光ネクスト契約者に限ります。

 

光固定回線利用者が、WiMAX2+基地局を自宅に設置して、WiMAX2+ルーター端末に接続してインターネットを利用するケースなど、果たしてあり得るでしょうか。

 

光回線を契約していれば、自宅では光回線でインターネットをしますよね?なので、実質UQ宅内アンテナを自宅に設置する人など、まずいないと思われます。

 

番外編 アンテナ立つのにネットに繋がらない場合

端末ルーターでは、電波受信アンテナが立っているのに、繋げているスマホやタブレット等でインターネットが使えない。このような状況では、端末ルーターとスマホ等の接続機器の間の通信に問題があると考えられます。

 

このようなケースでは、自宅内で電波同士が干渉している可能性があります。

 

解決策の1つ目としては、ルーターとスマホの間の電波周波数を、初期設定の2.4GHz帯から5GHzに変更するという方法があります。5GHzの方が周りの干渉を受けにくい電波周波数となっています。

 

解決策2つ目は、チャンネル変更です。1つの周波数帯は、1から13チャンネルに割り振られて使用されています。元々はデフォルトでその中の1つのチャンネルが設定されているのでが、そのチャンネルを変更することで、繋がる可能性もあります。

 

解決策3つ目は、LAN有線ケーブルを使用する方法です。もしあなたが、クレードルを使用しているとしたら、LANケーブルを繋げる端子が付いているかと思います。ルーターと使用機器間の電波障害が問題となっていましたら、無線から有線にすることで問題は解決されます。

 

レベル1〜5で解決しなかったら、ネクストモバイルかワイモバイル

いままでご紹介した方法を試しても、WiMAX2+が引越し先で繋がらないという問題が解決しなかった場合は、WiMAX2+は諦めるしかありません。

 

WiMAX2+は2.5GHz帯電波を使用している都合上、室内等ではもともと繋がりづらいという問題を抱えています。今後近くに新しい基地局でも設置されない限り、残念ではありますが、あなたの引っ越し先でWiMAX2+が繋がることは期待できません。

 

解決策としては、2.5GHz帯電波以外の周波数を使用しているモバイルWi-Fiを探すことです。

 

お勧めできるのは、共にソフトバンクの4G LTEモバイル回線を使用している、ネクストモバイルとワイモバイルです。

 

どちらも繋がりやすさが売りのポケットWi-Fiです。この2つのうちでも特にお勧めなのが、次世代ポケットWiFiのネクストモバイルになります。その理由について詳しくは、このページの一番最後にてお伝えします。

 

WiMAX2+には契約期間という問題が

WiMAX2+が駄目となったら、最終的にはネクストモバイルかワイモバイルという選択になるとお伝えしました。

 

しかし、気になるのは現在契約中のWiMAX2+をどうするかですよね。

 

WiMAX2+契約の更新月であれあば解約違約金は発生しません。逆に、更新月以外であれば違約金が発生します。どうするのが良いのでしょうか?

 

出来る事その1 WiMAX2+は外出時専用に

支払いはWiMAX2+とネクストモバイル(もしくはワイモバイル)の二重になってしまいますが、WiMAX2+は外出時のみ使用すると割り切って契約継続するという方法です。

 

ネクストモバイルは、20GB、30GB、もしくは50GBと月額使用量に上限があります。従いまして、ネクストモバイルは自宅メインでの使用とし、使用量無制限のWiMAX2+ギガ放題プランを外出時に使用する。

 

そうすれば、自宅でのインターネット使用量も抑えられて、ネクストモバイルの上限使用量をあまり気にせずにネット回線を利用していけることになります。

 

出来る事その2 現在のWiMAX2+プランをギガ放題からライトプランに変更

毎月のネット通信量が20GB、30GB未満であれば、ネクストモバイルのプラン内で済みますから、WiMAX2+は使用する必要はなくなります。その場合、WiMAX2+の方は完全に無駄になってしまいます。

 

WiMAX2+の契約更新月が間近であれば、それまでの間、現在のギガ放題プランをライトプランに変更してしまうことをお勧めします。そうすると、WiMAX2+の月額料金の負担を減らすことができます。

 

出来る事その3 WiMAX2+を解約する

契約更新月以外でWiMAX2+を解約すると解約違約金が発生します。解約違約金は極力払いたくない気持ちは当然わかります。

 

ただし、新しいモバイルWi-Fiであるネクストモバイルだけの契約で通信量が足りるようであれば、WiMAX2+の月額使用料金を毎月払い続けるのは無駄になります。

 

WiMAX2+の次の更新月のタイミングまで、あと何ヶ月あるか?それと違約金の金額を比較して、違約金の方が安くつくようであれば、一刻も早く解約した方がまだましという結論になります。

 

ネクストモバイルとワイモバイルの比較

ワイモバイル(Y!mobile)は非常に有名なので、知っている人も多いですよね。

 

でも、もしかしたらネクストモバイル(Next Mobile)の方は、ネクストモバイルという名前を聞いたことがない、ネクストモバイルのことはあまり良く知らない、という人もいるかと思います。

 

でも、次世代ポケットWiFiと言われているネクストモバイルのことを良く知らないのは、正直もったいないです。

 

ネクストモバイルとワイモバイルを比較した場合、ほとんどの人にとってはネクストモバイルの方がおすすめなモバイルWi-Fiサービスに該当するからです。

 

どちらもソフトバンクの4G LTEモバイル回線を使ったモバイルWifiの通信サービスです。しかし、料金体系は次のように違います。

 

ワイモバイル Pocket WiFiプラン2
月額2,480円 通信容量5GB 3年契約(契約期間なしの場合は、4,480円)
月額3,696円 通信容量7GB 3年契約(契約期間なしの場合は、5,696円)

 

ネクストモバイル
月額2,760円 通信容量20GB 2年契約
月額3,490円 通信容量30GB 2年契約
月額4,880円 通信容量50GB 2年契約

 

ワイモバイルの欠点は、月々の通信容量の上限が僅か5GBか7GBしかないないことです。

 

この上限値を超えたら、データ通信速度は128kbpsとなります。ネクストモバイルの方が、月額料金に対して使用できる通信容量が何倍もあります。

 

ただし、少し詳しい方ならご存知かもしれませんが、ワイモバイルには7GB以上使用しても、継続して高速通信が利用できるアドバンスモードというオプションがあります。月額費用684円で利用することが出来るオプションサービスです。

 

しかし問題があります。アドバンスモードが利用できるエリアが狭いのです。都市部の限られた人しか利用できないのが現実です。

 

それと、アドバンスモード利用時はAXGP/TDD-LTEという通信方式が使用され、WiMAX2+と同じ障害物に弱いという問題が生じます。

 

従って、WiMAX2+が引越し先で繋がらないなら、ワイモバイルのアドバンスモードも引越し先で繋がらない可能性が高いでしょう。

 

あなたの引越し先でWiMAX2+が繋がらないような状況でしたら、お勧めできるモバイルWi-Fiは、ネクストモバイルとなります。

 

 

ネクストモバイル公式サイトへ

 

ネクストモバイルとワイモバイルを比較する

 

ネクストモバイルでも繋がらなかった時

ネクストモバイルでも引越し先で繋がらなかった場合は、自宅でのモバイルWi-Fiの使用は半ば諦めるしかありません。

 

自宅では、光フレッツなどの光回線を引いて、外出先ではいままでのWiMAX2+を使用するという選択になるでしょう。

 

このようなケースになることに備え、様子をみるためにも、ネクストモバイル契約の数日後までは、現在の契約中のWiMAX2+は解約せずにそのままにしておいてください。

 

そして、繋がらなかったネクストモバイルは、商品が到着してから8日以内にキャンセルするようにしてください。

 

ネクストモバイルには、初期契約解除制度というのがあり、商品受領日から8日以内にサポートセンターに連絡することにより、契約解除することができます。

 

事務手数料分(3千円)は掛りますが、月額費用や違約金などは発生することなく、「初期契約解除」という形でキャンセルすることができます。

 

ネクストモバイルでは、お申込み前に公式サイトでエリア確認をすることが出来ます。ご利用後に初期契約解除でキャンセルすることはできますが、事前にエリア確認をされることをお勧めします。

 

引越し先でWiMAX2+が繋がらなかった人 まとめ

引越し先で今まで使用していたWiMAX2+が繋がらないという状況は、かなりショックが大きいです。でも、まずは出来ることからやってみましょう。

 

本サイトでお伝えした、レベル1「ルーターの再起動」からレベル5「ハイスピードプラスエリアモード」までの5つの方法を試してみて下さい。

 

それでもどうしても駄目。でも、自宅にネット回線を引くための工事をするのも大変だし、外出時でもネットを使うので、何かのモバイルWi-Fiを使用したい、ということであれば、建物の中でも繋がりやすいソフトバンクの4G LTE回線を使用した、ネクストモバイルというモバイルWi-Fiが一番良い選択肢と言えます。

 

NEXT mobile