MENU

ネクストモバイルはソフトバンク回線を利用した、次世代モバイルルーターを提供しているMVNO(火葬移動通信事業者)です。ネットから申し込むことが出来、月額データ量ごとに20GB、30GB、50GBという3つのプランが用意されています。

 

ネクストモバイルの魅力は、速度制限がないことにあります。格安回線は、一定量の通信をしたら速度制限が発生してしまう事が多いので、動画視聴やアプリゲームなどを快適に行うことができないとストレスを抱えてしまいます。

 

速度制限がないことで快適な通信をし続けることができるので、時間を潰したいときに重い動画を視聴するということも気軽にできます。しかもソフトバンク回線はカバーするエリアが広いですから、いつでもどこでも利用が出来るという点も魅力です。

 

ワイモバイルはソフトバンクグループのひとつである通信事業者ですが、使用している回線は前進の会社が持っていた回線もありますから、独自回線とソフトバンク回線が両方あるということになります。

 

提供しているサービスはモバイルルーターのPocket WiFiだけでなくiphone・スマートフォン・タブレット・ケータイ(PHSとPHS以外)があります。

 

料金はスマートフォン向けの通話・データ通信ができるプラン、タブレット向けのデータプラン、ケータイ向けのプラン、Pocket WiFi向けのプランが用意されており、家族割引や家で使っている固定回線がソフトバンクの時に利用できるセット割引などがあるのでさらにお得です。

 

ただ、Pocket WiFiなどでデータ通信量が一定以上になると低速通信になる措置が行われて、通常の速度にするためには追加料金を支払うか、契約しているプランにオプションサービスをつけなければいけません。

 

両者を比較してみると、もともと大量寮通信をする事が前提の使い方をしたいのであれば、ネクストモバイルを契約しておくほうが速度も落ちずに快適に使えます。一方で通信量は少なくてもいい、スマートフォンなども一緒に使ったり、海外ローミングをしたいというように多様な使い方がしたいというときにはワイモバイルが向いています。